学習能力の欠如と無益な足の引っ張り合い

子ども2人以上「健全」発言、波紋に拍車

前回のblogで「柳沢厚労相は議員を辞任したほうが良い。」と私も書きました。
その考えは変わりません。
彼が「生む機械」という単語を使用したことに厚労相としての資質に問題があると思います。

この発言からいろいろ考えましたが「昭和10年生まれの71歳」に21世紀の少子化問題を任せられるのか?という疑問があります。
ひ孫がいてもおかしくない人に、20~30歳台の生活レベルや環境を理解しろ、改革しろってのはどうもねぇ...
これからは夫も育児、家事を率先して協力することが重要と考えられているのに、「昭和10年生まれの71歳」の人には理解出来ないかも知れませんね。

年齢差別ですかね?

で、何より腹が立つのは審議拒否した野党。
国会議員としての職務放棄しているとしか思えない。

いい加減、この手の話で拡大解釈して騒ぐ野党にもウンザリです。

そのうえで、あえて言いますが今回の「健全」発言は「そこまで」怒るべき発言と思えません。
http://www.narinari.com/Nd/2006045902.html
内閣府のデータが検索できませんでしたが、大臣の言っていることは的外れではないと思います。
ただし、単語の使い方をもう少し考えたほうが良いですね。
意図はわかるのですが、意図を伝えることに対して学習能力が無いという時点では大臣として失格。
内閣府のデータがあるならそれを持ってプレゼンしてやればよいのに。


少なくとも私の友人周りで結婚している人で子供が欲しいと思っている人は全員「兄弟、姉妹は良いものだから2人は欲しい」とか「自分が一人っ子だから2人欲しい」と言っています。(皆さんの周りはどうですか?)
当然我が家もそうですが、現在の収入や勤務形態など考えると、一人の子供で精一杯という人も多かった。
一般的なサラリーマンの年収で、家やマンションなど購入して子供を育てて~大学までなんて考えたら、共働きでなきゃ無理でしょう。
それが都市部ならさらにハードルがあがります。
(まぁ、実家が裕福なり、実家で生活するなり、35年ローンが無いなら別ですがね...)

厚労相大臣としては現在の若者が2人程度子供を生まなければ人口減少ですか、彼の立場としては「健全」と言いたい所でしょう。

それにしても野党のお偉方の発言も薄っぺらい内容で、発言している方々自体が「お前はどうなんだ?」と言いたくなるメンバー...。

民主党 鳩山由幹事長「女性蔑視(べっし)が頭の中に染み付いているようだ。看過できない」
国民新党の亀井幹事長「かつての『産めよ増やせよ』とお国のために子どもを産んだ考えと同じようだ」

一番需要な事をそっちのけで、叩きたいだけの「空っぽな議論」をしている事に腹が立つ。

「貴方の気持ちは判る、しかし、配慮が無い発言はやめろ!そういった言い方するひまがあったら具体的に貴方の今後のビジョンを示せ、無いのか?」
と具体的議論をする前提で詰め寄る野党はいないものですかね?

鳩山さんもライブドアのメールの時は随分威勢の良いことblogで言ってた癖にねぇ。
亀井さんもイチイチ「ナチス」や「戦前」を引き合いに出すのが一般常識としてアレだと思います。

そしてマスコミも変に先導するような報道はとってほしくない。
それをやるなら他の議員の発言も叩いてほしい。
田中真紀子さんが安部総理夫妻に随分酷いこと言ってますよ。
「安部は子供がいないから云々」...っつーか作りたくて出来なかった夫婦を叩いてどうするの?
(ソースは失念...でもTVで聞いた覚えがあります)

なんだか話がまとまらなくなってきたので、まとめます。

与党:自分の意図をまともに伝えられない人間を大臣なんかにするな!
野党:時間が無駄になる揚げ足ばかり取ってないで、実のある議論を進めて欲しい!
[PR]
by dropkick_b | 2007-02-07 14:47
<< 飼い主は中国様ですか? 悪いの... 与党も野党も馬鹿ばっかり... >>